最愛シック

ときめきが最上のエネルギー

日々のこと▼ グッバイ・ゴダール!観てきた

f:id:fancyandloose:20180719200206j:image

 

グッバイ・ゴダール!観てきました。

なんとなくハッピーな映画かな?

と思ってましたが、

全然そんなことなかったです。

 

楽しくなかったという意味ではなくて、

アンヌとジャン=リュックの2人が

一緒に過ごしてた日々と別れるまでを

描いた映画だったので、

「めっちゃ面白かった!楽しかった!」

という感じではなかったということです。

 

ただひたすら日常というか生活というか...。

なんか長年付き合ってた彼氏と別れた気分になった。

 

でも手法がポップでとっても楽しい。

私は映画のことあまり詳しくないので

よくわからないけど、

ああいうチャプターごとに分かれてたり、

1つ1つが短いやつ、とっても好きです。

(デモ行進のシーンで音楽を流してたり、

壁にポエムがあったり、

そういうのは映画的だなと思ったな)

 

日常描いてても、

パターソンとは全然違うね。

 

とりあえず何よりアンヌ役の

ステイシー・マーティンが可愛すぎて

観に行ったので、

それはすごく良かったのだけど、

ジャン=リュックなかなかきつい人だなって

思った。

はりーさんやったらバチボコにキレる。

てか私もあんな風に言われたら嫌だなって

思う箇所が何個もあって、

でもアンヌは何も言わない。

て、それは時代背景もあるというね。

 

 

f:id:fancyandloose:20180719201538j:image

 

 

「お前何上から言うてんねん回し蹴りすんぞ」

と思わなかった箇所がなくはない。

最近の人はマイルドになったのかな?

こういう男の人は周りはいない。

 

好きであれば、

髪の毛すらも愛おしくて紡いでしまうけど、

愛がなくなった瞬間、

本当に何もなくなるね。

 

あの自殺は本当にないし、

ゴダールが死んだのも本当にない。

 

別に好きなようにやってくれたらいいけどさ、

でも、アンヌは好きだったんじゃない?

これまでのゴダールを。

なんで勝手に殺しちゃうのかな。

 

なんで一人で孤独に向かっちゃうのかな。

 

自分が寂しいからって、

女は泣けばいいと思ってるなんか

言っちゃダメだよ。

 

 

f:id:fancyandloose:20180719202347j:image

 

 

しかし、ステイシー・マーティン

美しかったな。

ポスターを見てから

何度ボブにしようと思ったか。

でも伸ばしたいので踏み止まってるのと、

そもそも人はその人である状態が

一番美しいので、ボブにはしていない。

 

というかアンヌの前には

アンナ・カリーナと結婚していたわけだから

なんというかゴダールはめっちゃ良い女と

付き合うなあ、という感じです。