最愛シック

ときめきが最上のエネルギー

日々のこと▼リメンバー・ミー観てきた

f:id:fancyandloose:20180325164749j:image

 

 

YouTubeに上がっているPVをみて
映画を観に行くことを決めた。

 

主人公ミゲルの吹き替えをやっていた
陽彩くんの歌声が良すぎて。

 

話は王道。家族愛と和解の話。
音楽はダメだと制限していたのは
それだけ愛が深かったから。

 

裏切られた時それは反転して
忌み嫌うものになる。

 

(でもミゲルのおばあちゃんは
直接関わった人じゃないんだから
もうちょっと自分の頭で
考えた方が良かったんじゃないかな?
とも思ったりする。

 

無意味にこれはダメって引き継ぐの、
よくない気がするな。)

 

さて、死者の国はキラキラしていて
とっても綺麗でした。

 

花びらの道、怪物みたいな精霊たち、
骨に掘られた紋章(タトゥー)も
お茶目で良かった。

 

お茶目と言えば
ヘクターがチャラくて良かった。

 

チャラくて良いと言うのは
私が最近よく使う表現で
本当にニュアンスの言葉なんですけど...

 

良い意味のチャラさ、
陽気な軽い感じ、
生きることってああいうことなんだなって
思う感じの。

そういうのがあって良かった。

 

 

藤木さん知らない間に

お芝居が上手くてはあとなった。

 

母親が好きな俳優さんで

母親からの評価を聞かされてたから

勝手に大根だと思ってたけど

全然大根じゃないよ!ってなった。

 

軽妙な芝居すごく良かったです。

私の中で1つ呪いが解けました。

 

 

向こうの映画ですけど

吹替版をおすすめします◎

 

松雪泰子イメルダも良い女♡