最愛シック

ときめきが最上のエネルギー

日々のこと▼ソロライブ行って来た

f:id:fancyandloose:20170929221501j:image

 f:id:fancyandloose:20170930001603j:image

 

 

津田さんのソロライブ行って参りました。
当日券買えるかなと思ってましたが全然行けました。しかも前の方座れた(笑)ラッキーだったな。

 

最初津田さんが出てきた時ちょっと緊張しました。前から二列目だったからめっちゃ近くて。チェックのジャケットとサーマルのカットソーとシンプルなダメージデニムとローファー。サーマル着てはる〜ってちょっと思った。

 

津田さんも緊張してた?感じがします。
最初はお客さんも大人しくて、落ち着いてる感じだったからかな?
私が緊張してたからそう見えたのかもしれないな。

 

前半は津田さんの1人喋り。

テーマはニュアンスについて。
ここでニュアンスの意味について調べておこうと思います。

 

 

f:id:fancyandloose:20170929221613j:image

https://kotobank.jp/word/ニュアンス-592954

 

1 言葉などの微妙な意味合い。また、言外に表された話し手の意図。「発言のニュアンスを汲む」
2 色彩・音色などの微妙な差異。「細かいグラデーションでニュアンスを出す」

 

今回だと1の意味合いに近いのかな。

雰囲気とかそういうのものっかってる気がするけれど。そういうのを感じ取ってください、という内容でした。

 

漫才にしろコントにしろ、

お笑いは何故面白いのか、

ということを考えた時に、

人が面白いと思って笑うのには、

そこに何かしらの理由があるんだと。

 

例えば、

「彼女とデート楽しみやなー」

「お待たせー(ダミ声)」

「いやオカマやないか!」

というやりとりがあったとして、

 

普通やったら可愛らしい女の子が来るはずやのに、

実際来たのはダミ声のオカマやったことが、

面白い、笑いどころになってくるわけだけれど、それってそういうニュアンスだよね。

ということを仰ってました。

 

この件で言うと、意外性があるから、とか、期待を裏切られたから面白いとか、

もう少し具体的な理由を掘り下げることも出来なくもないかもしれないけれど、

まあそれはおいといて。

 

で、ニュアンスをもっと感じ取ってもらおうということで?津田さんが用意した企画が、

 

サッカー選手の写真を見せて、

「今から2つの名前を言うんで、どっちがその人の本当の名前か当ててみてください。」

というもの。

 

これとか完全に感覚の問題だよね(笑)

言語化出来ない。から写真を見て、

何となくジョンっぽい、マイケルっぽいって

やるしかない。(ジョンとかマイケルという名前はなかったけど)でも意外と当たるものだ。

不思議。ちょっと楽しかった。

 

その後、びっくりドンキーで見かけたミツキという女の子の話をしてました。

まあツッコミどころの多い女の子で、

話を聞きながら凄いなあ、そんなことあるんやなあと思って笑ってたんですけど、

 

エピソードトークって、まず話し手が何かしら面白いなと感じることに出くわす、

そしてそれを誰かに「こんな面白いことがあってん!」って伝えるものだと思うんですけど、

 

話し手が感じる”面白い”と、聞く側が感じる”面白い”が一致することで初めて笑いが発生するのかなと。

(たまに独特の視点で勝手に笑っちゃうこともあるけどそれは置いときます)

 

さっきのゲームを踏まえてこの話を聞いてというのは、

俺がどういう部分を面白いと思ったかというのを感じ取って欲しい。

ということだったのかもしれないなと、

今これを書きながら思ってます。

(違ったらごめんなさい)

 

さて、後半はトット多田さんとのトークコーナーです。

多田さん近くで見たら顔小さくてイケメンだったな...。イケメンだって言われる人だいたい実際見たら顔小さくてびっくりする現象何なんだろうね。

(ちなみに多田さん見るといっつも大樹っちゃんを思い出す。わかる人はコメントください。)

 

SENSE OF PLACEのタグを見てローマ字いっぱいで読まれへんって、今考えたらすごいエピソードやなと思った(笑)なかなかの破壊力。

 

多田さん天然天然って言われてて、でも私はそうかな?そうでもなくない?とか思ってたけどやっぱり天然なんでしょうね。多分。

ああいうのが日常的に起きるんやろうな。

 

津田さんがひたすら多田さんをいじってたのが印象的でした。おちょくる感じというか。

普段はツッコミさんやしMCもしはること多いやろうから、ボケたりふざけたりするのをあんまり見なかったので、すごく新鮮でした。

 

最後の電話のくだりが良かったな...。

◎津田さんが多田さんのフリして桑原さんと喋る→全然気付かんと2分ぐらい喋れる、桑原さん緩くてふわふわ喋りはるなーと思った。

◎多田さんが津田さんのフリして別府さんと喋る→すぐにバレる(笑)別府さんめっちゃ礼儀正しい人みたいになってた。あと洗濯物畳んでた...(きゅんとした)

タナからイケダのイケダさんにそれぞれ電話→どっちも気付かれずに通話終了。気付いたら2人ともやすだやに行くことになってる(笑)

もっかい電話してネタバラシ。池田さんの俺今めっちゃ人気ある?が良かった。

 

ちなみにやすだやって餃子屋さんなんですね。むっちゃ行きたい。今度行きます。

 

そんなこんなで終わった1時間でした。

余談ですが私の両隣に座っていた方が両方ともおしとやかな感じで可愛くて良かった。