最愛シック

ときめきが最上のエネルギー

カフェ巡り▼喫茶 湖

f:id:fancyandloose:20160812082508j:plain

f:id:fancyandloose:20160812082517j:plain

 

これをカフェ巡りの括りに入れていいのか

微妙なところですが、

分けて書くべきかなと思うので、

そのようにいたします。

 

もともと摂津に住んでいる友達に会うために

摂津市駅に降り立ったわけですが、

「え?摂津何もないやん」ってなってしまって、

この暑いのにどこにも避暑地がないのは

笑えないと焦りながら、

地図検索を頼りに何とかお店まで辿り着いた経緯があります。

 

まあ言うても駅からすぐのところにあるんですけどね。

(徒歩23分くらいのところ)

 

店内に入るといかにも寂れたというか

おばさんが1人でやってそうな(多分実際そう)

そういう感じの喫茶店でした。純喫茶。

 

私が「あっつ~」って独り言を言っていたら、

「ほんま暑いよねえ」って返ってきて、

普段そういうのは困ってしまって、

「あ、はい」ってなっちゃうけど、

その時は普通に「ほんま今日めっちゃ暑いっすよね」って返して会話が成立していた。

(そしたら「あんまり暑すぎてもお客さんこーへんのよ」って言われたので私はへえと思った)

 

メニューにクリームソーダがあったので

迷わずそれを注文。

寂れた喫茶店でクリームソーダ、非常に良いです。

 

クリームソーダはシロップの味が濃くて、

しゅわしゅわのソーダにアイスを溶かし込むと美味しくて、

やっぱりアメリカっぽい砂糖の味がするなと思った。

 

お会計の時になぜか「一人暮らし?」と訊かれて、

私は「はい」と言ったら、

おもむろにゆで卵を取り出し、

私に渡そうとしてきはった。

 

曰く「サラダにしようと思ったけど、

余ってしまったからよかったらもらって」とのことで、

私は「すいません、私谷六に住んでるんです」って答えたら、

あって顔をして塩飴を幾つかくれた。

 

塩とバジルで湯がいたゆで卵。

ちょっと食べてみたかった気もする。

 

そもそもこういうよく分からないお節介みたいなもの、

昔は本当に嫌いだったのに、

今はまだ大丈夫になったというか、

笑い話に出来るからOKというか、

なんかこうそんな感じです。